作成者別アーカイブ: hikarinoko

機関誌「光の子」No.181~No.191

機関誌「光の子」のNo.181(2017年9月20日発行)~No.191(2019年7月20日発行)をこちらに公開します。

No.169~No.180の公開と、アーカイブのページの整備もできるよう調整中です。今しばらくお待ちください。

バザー

6月1日(土)、小さくても大バザーを、盛況のうちに無事開催することができました。お越しいただいたみなさま、物品を提供してくださったみなさま、バザーの準備や当日運営に携わっていただいたみなさま、ありがとうございました。

しずくの会のいがまんじゅう
後援会のうどん打ち
野菜売り場

※ 画像は、しずくの会会長・石井様からいただいたものです。

バザーのお知らせ

6月1日(土)に、光の子どもの家の園庭でバザーを開きます。
今年も、うどんや焼き鳥などの食べ物と、おもちゃや洋服などを販売します。
ぜひお越しください。
売り上げは、光の子どもの家の改修費用に充てさせていただきます。

【お詫び】
バザーの開催日程につきまして
「光の子」No.187(2018年11月3日)では「6月2日」
「光の子」No.188(2018年12月25日)では「6月8日」
と掲載しておりました。正しくは「6月1日」です。
確認が足りませんでした。お詫びして訂正いたします。

子どもまつり2019

5月4日(土)は、光の子どもの家の「子どもまつり」でした。
「児童憲章」の制定と「児童福祉週間」の始まりを記念して、毎年こどもの日の前日である5月4日に実施しています。
今年も昨年と同じく、ミュージックボックスの早川潔さんと、宝道さんにお越しいただき、お客様と一緒に楽しいひとときを過ごしました。


職員募集!

光の子どもの家は、子どものための子どもの施設として1985年に立ち上げられました。

この30数年間、光の子どもの家は「大人の職場」としてではなく、ひとりひとりが異なる子どもと大人が共に生きる「家」、暮らしを出来るだけ楽しく、一緒に作っていく「仲間」としてかかわってきました。

子どもの親や家族たちも、行事にやってきたり、休日に子どもに会いに来たりして、暮らしに参加しています。親たちの悩みや不満などをできるだけ丁寧に聞き取り、みんなで対応を考えあっています。三桁を超える子どもたちやその家族と丁寧にかかわってきました。

30年を超えても暮らしの問題の解決は、未だその入り口です。親や家族に事情があって、共に生きることが困難な子どもたちの養育を、一緒にしてくださる方を求めています。この道を共に開拓していきましょう。

   光の子どもの家 「保育士・児童指導員」募集要項

見学のご希望やご不明な点がありましたら、お気軽にメールフォーム、またはお電話にてお問い合わせください。お待ちしています。

青音協2018

昨年度に続き、今年度も青音協のみなさまにワークショップを開いていただきました。

10月7日、28日 笛師九兵衛(北原有)さんの手作り楽器・演奏体験

みんなでこんな笛を作ってみたり、

久兵衛さんとお猿さんたちの演奏を聴いたり、楽しい時間を過ごしました。

11月17日 山田とうしさんのパントマイムワークショップ/11月23日 ましゅ&keiさんのミュージックベル体験

(パントマイム)はじめはみんなぎこちない動きも、後半には自由に表現していました。

(ミュージックベル)子どもたちのリズム感はすばらしい。お二人の指導のもと、ノリノリで楽しみました。